理事長挨拶/日本語 of 富士インターナショナルアカデミー

takatamasayoshi.jpg校長 高多 理吉

富士インターナショナルアカデミーについて

富士インターナショナルアカデミーを目指す生徒の皆様
本学の校長として、皆様にご挨拶申し上げます。
本学は、日本語教育を徹底して実践する学校です。それに加え心身ともに健康で語学教育に専念できる人材、人から信頼される人材、他者と良きコミュニケーションが取れる人材、人材、法律をしっかり守ることのできる人材として育ってくれるように、教職員一体で力を合わせていく動力をいたします。人間は誰しも人生に夢と希望があれば頑張る気持ちがわいてきます。
本校は、入学してくる生徒諸君に、語学だけではなく、『夢と希望』を与える学校を目指しています。福岡はアジアと日本の玄関口であり、大都市であるため、様々な施設も完備しています。本校を選択した生徒さんは、良き学校を選ばれたと、教職員全員が誇りを持って、歓迎いたします。

        
         富士インターナショナルアカデミー

校長 高多 理吉






学・誠・思・創

    目標である大学・専門学校等に進学する為に日本語を学び、日常のコミュニケーションがスムーズに取れるようにする。

     日本文化を学び、地域交流を活発に行うことを可能とする。

     日本文化に触れ、地域交流を通して異なった価値観、マナー、生活習慣、言葉、積極性を身につける。

     社会ルールを学ぶ。

     入国後日本での生活はすぐにスタートする為、早い段階で指導を行い、社会に適応出来る様に、日々、指導を行う。

     教職員も共に学ぶ。

    指導を通し、互いの文化を学び合う事で相互理解を深める。

    教職員と学生は誠実に向き合う。

      お互いに誠実に向き合い、尊敬、尊重し合う事により信頼関係を築くことがより良い教育に通じることを心に強く刻ませる。

 

    人生をよく考え、目標を持つ。 

     慣れない異国での留学生活に苦悩する事があるだろうが、日本へ留学する目標を確かなものにし、家族への思いを忘れずに初心に帰り勉強に励む。

     教職員は学生の目標を把握する。

     教職員は学生の目標を適切に把握することによって、学生の能力を見極め、目標へ向かって適切に教育、指導を行う。  

 

    国際社会に貢献できる創造的な人材の育成。

     教育、指導を通し、言葉の能力を拡げ・自律性を高め、広い視野・社会ルール・誠実性・信頼性の養育に努める。

     わが国のみならず、広く世界での出来事にも目を向けさせ、人間社会の現実を見る目を備える事で、国際社会に貢献できる人材を育成する。

     学生の目標を達成する為に教育内容の改善を怠らず、常に成長し、創造的な学校教育創りをする。

     学生が安心して勉強出来るより良い環境を整備する事で、成長する創造的な学校をめざす。

 

 

教育目標

     大学・専門学校等に進学する能力を身に付けさせ、日本語で不自由なくコミュニケーションが取れるようにする。

     日本語能力試験で漢字圏N1、非漢字圏N2以上の合格を目指す。

     出席を徹底に管理して出席率100%を目指して指導にあたる。

     そのために、日頃から健康管理の徹底に努める。

     教育、指導を通じ、言語能力を拡げ・自律性を高め、人間としての

誠実性・信頼性を養成する。

広い視野を兼ね備える事で、将来、世界で国際貢献できる人材の育成をする。